student128_128高校生、大学生の海外留学は珍しいものではなくなってきました。留学時こそデビットカードの本領が発揮されるのです。

海外留学をする学生の現状

日本から海外への留学生の推移

ryugaku_suii

出典:文部科学省

文部科学省の調査では、2011年のデータで海外へ留学する日本人の数は57,501人となっています。

実はピーク時と比較して、やや減少傾向にあります。そのため、文部科学省は「留学生30万人計画」と銘打って、奨学金や海外の大学との連携などに力を入れているのです。

留学生が減少している理由は、色々ありますが

治安の問題も大きく、両親、家族、指導教員の理解が得られないというケースも多いようです。

海外留学でデビットカードが活躍する理由

安全性の観点から、留学する学生に現金を持たせるべきではない

数か月の海外留学の場合は、生活費やホームステイ先に支払う費用など、ある程度の金額が必要になってきます。

当然、留学先の治安にも左右されますが、日本よりも治安の良い国などはなく、「日本人=お金を持っている」と思われているのです。

現金を多く保有していれば、さらに危険な目に遭う確率が上がってしまうのです。

このときにデビットカードがあれば

銀行口座から現地通貨で引き出せるため、現金を持ち歩かずに済む

メリットがあります。

また、当然、デビットカードは「VISA加盟店」「JCB加盟店」でショッピング利用できるため、留学先での買い物、交通機関の利用、レストランでの食事、ホテルへの滞在・・・などほとんどのサービス利用でデビットカードが使えるのです。

日本ではデビットカードの使えない「VISA加盟店」「JCB加盟店」もありますが、海外の場合は、クレジットカード以上にデビットカードが普及しているため、ほとんどの「VISA加盟店」「JCB加盟店」でデビットカードが使えるのです。

留学する学生の親も、子供の銀行口座に留学に必要な生活費を入金するだけで済むので、海外送金などの手間も発生しないのです。

デビットカードにはショッピング保険や不正利用補償保険、海外旅行傷害保険もある

デビットカードには不正利用補償保険が付帯されているので、仮にデビットカードを落としてしまって、それが誰かに使われてしまっても、その費用は補償されるのです。

現金は落としても誰も補償してくれませんし、盗難に遭って使われたとしても誰も補償してくれないのです。現金を持たせるよりも、紛失時や盗難時のリスクも回避できるのです。

海外送金よりも安いし、手間もない

一昔前は留学した学生に親が海外送金で毎月仕送りのように送金するという方法を取っていました。

しかし、日本の銀行から海外の銀行口座へ出金する場合には

1回約5,000円というコストが発生するのです。

6か月間の短期留学でも、出金するだけで6万円のコストが発生するのです。

デビットカードで海外ATMから引き出した場合は、数百円程度の手数料で住むので、10万円の送金だとしても100円~200円で対応できるのです。しかも、両替手数料は空港の両替所よりも格段に安く、現地銀行の両替を利用するよりも安いケースが多いのです。

三菱東京UFJ-VISAデビットの海外ATM手数料

ryugaku_atm

また、留学する学生側も、海外送金で留学時の生活費を受け取るためには、現地の銀行口座を作らなければなりません。

海外の銀行口座は口座の維持管理手数料が有料のところも多く、そのコスト負担もあるのです。また、現地の銀行口座を作る手間も大きいので、それらが不要で、コスト安なデビットカードは非常に助かる必須アイテムと言えます。

まとめ

海外留学時に現金で親から仕送りなどをするスタイルの場合

  • 現金を多く持つことでリスクの増大
  • 現地の銀行口座開設の手間
  • 海外送金のコスト発生
  • 高いレートでの両替の必要性あり
  • 親が海外送金を手配する手間
  • 現金を紛失、盗難にあっても保証はない

とデメリットがたくさんあるのです。

海外留学時にデビットカードを利用すれば

  • 高額な現金を持たなくて済むため、リスクの軽減
  • 現地の受取用銀行口座の開設不要
  • 海外送金手数料は不要
  • 両替の手数料も安い
  • デビットカードの紛失、盗難、不正利用は補償される
  • 親は子供日本の銀行口座に入金するだけで良い
  • ポイントも貯まる。(キャッシュバックもある。)

とメリットが盛りだくさんです。

お子さんが留学する際には、デビットカードを持たせて、親は子どもの日本の銀行口座に生活費を入金するだけで良いのです。デビットカードは銀行口座に紐づいて発行されるものですから、高校生以上であれば口座は本人名義で作れます。

海外留学でおすすめのデビットカード

三菱東京UFJ-VISAデビット

mufg_Visa_debit_card三菱東京UFJ-VISAデビットは、メガバンクの三菱東京UFJ銀行が発行するデビットカードです。年会費は1,000円(税別)と有料になっていますが、23歳以下は無料、初年度も無料、年間10万円以上の利用で翌年も無料なので、利用していれば年会費無料で利用できるデビットカードなのです。

Visaデビットカードなので、Visa加盟店で利用できることはもちろんですが、自動キャッシュバックで利用額の最大0.5%のキャッシュバックが受けられます。デビットカードの中ではトップクラスのキャッシュバック率なのです。

すでに口座をお持ちの方であれば、Webから簡単に発行が可能です。デザインも珍しい縦型のスタイリッシュデザインで人気が高いデビットカードです。

  • 三菱東京UFJ銀行が発行するVisaデビットカード
  • Visa加盟店でクレジットカードのように使うことができる
  • 自動キャッシュバックで利用額の最大0.5%のキャッシュバック
  • 世界3,800万以上のVisa加盟店で利用できる
  • 海外ATMでの現地通貨引き出しも可能 ※海外でのATMのお引き出しは1回につき108円(税込)の手数料がかかります。また、一部のATMにおいて、別途現地金融機関所定の使用料がかかる場合があります。海外事務手数料:取引金額の3.0%
三菱東京UFJ-VISAデビットの概要
初年度年会費(税別)0円
2年目~年会費(税別)1,000円
年会費特典前年1年間の利用額10万円以上、または年会費請求月の月末時点で23歳以下で2年目以降も年会費無料
発行期間最短3営業日発行
※お手元に届くまでには1週間程度かかります
キャッシュバック還元率下限0.200%
キャッシュバック還元率上限0.500%
ポイント還元率下限-
ポイント還元率上限-
独自サービス独自の不定期キャンペーンあり