atm128_128

デビットカードの活用方法は色々なものがありますが、今回はATMを利用しないでデビットカードを使ってATM手数料を節約する方法について解説します。

銀行のATM手数料はばかにならない!

銀行のATM手数料はかなり高い手数料設定となっています。

三菱東京UFJ銀行のATM手数料 ※2016年8月時点

三菱東京UFJ銀行ATM
平日

8:45~21:00 → 0円
その他の時間帯 → 108円

土曜・日曜・祝日

8:45~21:00 → 0円
その他の時間帯 → 108円

コンビニATM

8:45~18:00 → 108円
その他の時間帯 → 216円

です。

実際に経常利益率が3割を超える高収益企業のセブン銀行のデータを見てみます。ご存知のとおり、セブン銀行はセブンイレブンにATMを設置している銀行です。

ATMの利用件数と単価の推移

seven_ir_atm
2014年度を見てみると

1人1回ATMを利用すると手数料で136.2円支払っているという結果になっています。

1年で、セブンイレブンだけで7億4300万回のATM利用があるのです。
そのうちの預貯金金融機関のATM利用は6億7900万回です。

セブンイレブンだけでこの数字ですから

仮にコンビニで、セブンイレブンの3倍の数のATMがあって、子供と高齢者を除いた日本人1億人が利用していると仮定した場合

3倍 × 7億4300万回 / 1億人 = 22回/年

1人につき、1年に22回、月2回ぐらいはコンビニATMを使っている計算になるのです。

22回 × 136.2円 = 2996.4円

1年で約3000円もATM手数料を支払っているのです。

この数字はコンビニATMだけですので、銀行ATM利用の時間外手数料も含めれば、4000円~5000円は1年で使ってしまっていると考えて良いでしょう。

  • 1回のコストが少額であること
  • 実際にお金を払わずに残高から引かれていること

から、使っている実感はほとんどありませんが、計算してみると日本人はかなりの金額をATMに使ってしまっているのです。

デビットカードを活用すればATMの利用回数を減らせる!

デビットカードを使えば、提携しているVISA加盟店、JCB加盟店で支払い時に利用することで、口座残高からリアルタイムで引き落としされるようになります。

デビットカードを使えば、銀行口座のお金を使って、買い物ができるということなのです。

だとすれば、わざわざATMで引き出してまで、現金を財布に入れておく必要性はないのです。

当然、現金が必要なケースもあるのでATMの利用回数をゼロにすることはできませんが、デビットカードでATMの利用回数を半分にすることは難しいことではないはずです。

クレジットカードに抵抗がある方でも、デビットカードであれば使いすぎる心配もありません。

「支払いはできるだけデビットカードを使う」

このことを心がけておくことで、財布の中の現金が減るスピードが遅くなり、ATMの利用回数が減ります。当然、ATMの利用回数が減れば、ATM手数料を支払う回数も減るため、節約ができるのです。

まとめ

コンビニATMを使うことが月1回以上ある方は、デビットカードに切りかえることで、ATM手数料を節約することが可能です。

年4000円~5000円のATM手数料が半減したとしたら、5年、10年単位では数万円のお得につながるのです。これに加えて、ポイント付与やキャッシュバックのメリットもあるのです。

「支払いはできるだけデビットカードを使う」ことを心がけましょう。